体内の異常を見つけて治療をしよう|カラダ健やかドクター

病気のサインを知る

問診を受ける女性

病気の早期発見や早期治療を進めていくためには、細やかにサインについて把握しておくことが必要になります。また、多く見られるサインとして挙げられるのがむくみです。内科に関する病気にかかってしまうと、静脈や動脈が圧迫されるようになってしまいます。血行が悪くなってしまうことによって、これらのサインが現れてしまいます。なお、ホルモンバランスの変化や日常生活によってこれらの影響が現れてしまうのも珍しくありませんが、むくんでいる状況がずっと続いているというような状況であれば、病気の可能性も否めないので、内科にかかりつけてもらって、サインの原因について究明を行っておくと良いでしょう。また、病気によってサインも変わってくるので、身体の状態がいつもと違うと感じるようになったら疑っておくことが肝心です。

むくみの症状の他にも、やたら眠くなってしまうという状態も病気の可能性があります。低血糖症になってしまうと、糖分のコントロールが上手く行かなくなってしまいます。血糖値が下がってしまうと眠気に襲われてしまうことがありますが、これらの症状がずっと続く場合は膵臓に異常をもたらしている可能性があります。血管へ負担がかかってしまうため、内臓の機能に影響を与えるだけではなく、脳にも異常をもたらしてしまうリスクがあります。進行したあとに症状が一気に悪化すると、後遺症を負ってしまう場合もあるので、早めに城東区で医師からの指示を仰いでもらうことが大切です。